娯楽」カテゴリーアーカイブ

Snowden

--- 2017年1月31日 (火) ---

いい天気だが寒い日だった。


久しぶりに映画を観に行った、タイトルは「スノーデン」。スノーデンという男がアメリカの国家機密情報をイギリスの大手新聞にバラした事件をオリバーストーンが撮った実話に基づく映画。この映画を見るとアメリカという国は世界を制圧するということを真剣に考えているように感じる。翻って日本は能天気にヘラヘラと手をもみながらその後ろについて行っているだけ。スパイ天国と言われている所以だ。必見。

公式サイトの「ABOUT THE MOVIE」に詳しい内容が載っている。

予告編

マルタのやさしい刺繍

--- 2017年1月11日 (水) ---

今日はDVDの鑑賞。「マルタのやさしい刺繍」と「奇跡の2000マイル」。「マルタ・・・」はスイス、「奇跡・・・」はオーストラリアの映画だ。テレビ番組でも映画はよく放送されているがほとんどがアメリカ映画。アクションもの、白黒をつけ正義が勝ち、はいおしまいというようなのが多くあまり好きではない。
「マルタ・・・」は老人たちの夢への挑戦、人々のやさしさが伝わってくる。身につまされるところあり、コメディタッチありでいい映画だ。60代の高齢者にはこれからの生き方を考えるのに おすすめ。
公式ウェブサイト
予告編

立待月

--- 2016年11月16日 (水) ---

映画を見に県立美術館へ行った。【シャトーブリアンからの手紙】


昔は市の中心部に6つの映画館がありそれぞれ複数のスクリーンがあった。ふらりと出かけあちこちの館へ行ってポスターを眺め気の向いたのを見たものだ。2000年郊外にイオンモールができ、2008年に東宝シネマズが入ってから中心部の映画館は次々と閉館し、今、愛宕劇場1館だけが頑張っている。シネマズでは取らない洋画や遠い昔の邦画3本立てなどを放映するので希少である。私はこの愛宕劇場か市内にいくつかある映画鑑賞会で見ることが多い。
16bijutsukan
立待月
少し欠けてきたのがわかる。
16moon